プリウスαの限界値引きを一度の商談で!

プリウスα一発値引き交渉!

プリウスα一発値引き交渉とは、一度の商談だけでプリウスαから限界値引きを引き出して、安く買う交渉方法です。

ディーラーへ行く前にこのサイトで情報収集して準備をしていけば、成功する確率は高くなります。

「値引き交渉するのに何度もディーラーへ行くのが面倒」「仕事が忙しいのでディーラーへ行く暇がない」と言う方に合っている商談方法です。

是非一発値引き交渉で、プリウスαを限界値引き額で購入しましょう!


プリウスαの目標値引き金額

プリウスαの値引きが今いくら可能なのかは、こちらで分かります。車両本体からの目標値引き金額の他に、ディーラーオプションからも20~30%の割引きが可能です。

以下を参考に目標値引き額を設定しましょう。(毎月更新)プリウスα値引き口コミも参考にどうぞ。

プリウスα車両本体からの目標値引き額(2017年11月現在)

30万円

オプション金額 オプションからの目標値引き額
10万円 2~3万円
20万円 4~6万円
30万円 6~9万円
40万円 8~12万円
50万円 10~15万円
瞬間的に値引きが多くなる時期
1月後半~3月
(年度末決算セール)
上記+3~5万円以上
6月~7月
(夏のボーナス商戦)
上記+3万円前後
8月中旬~9月
(中間決算セール)
上記+3~5万円以上
11月~12月
(秋・年末商戦)
上記+3万円前後
※参考 プリウスα実際の値引き額

上記の車両本体からの値引きと、オプション合計金額からの値引きを合わせた金額が、プリウスαの値引き合格ラインです。

さらにプリウスαを購入する時期によって、値引き合格ラインに上乗せが可能です。上記の瞬間的に値引きが多くなる時期も参考にして、一発値引き交渉で提示する購入金額を設定しましょう。

 

下取り車の相場チェック

下取り車があれば、現在の相場を調べて予算組みをします。

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム
ガリバーのオンライン無料査定です。買取業界最大手のガリバーは、買取実績ナンバーワンです。台数を多く買い取る事により高価買取が可能になり、下取り車の高査定が期待できます。下取り車を高く売るならガリバーの査定は欠かせませんね。

当サイトの愛車を高く売る方法とは?も参考に。

 

プリウスαの諸費用

プリウスα S 5人乗りの諸費用です。

プリウスαの車両本体価格とオプション価格に諸費用をプラスして、定価の総支払額を出しましょう。

諸費用合計金額 140,887円

・自動車税(8月登録) 23,000円

・自動車取得税 0円(免税)

・自動車重量税 0円(免税)

・自賠責保険料 40,040円

・リサイクル料金 12,030円

・登録諸費用 65,817円

 

ディーラーに行って一度の商談でプリウスαを安く買う!

このページの今月のプリウスα車両本体値引き額とオプション金額からの値引き、時期によって上積み出来る値引き金額を足せば、最新のプリウスα限界値引き額が分かります。

プリウスα限界値引き額を車両本体価格+オプション価格+諸費用の支払総額から差し引けば、一発値引き交渉で目標とする総支払額となります。

そしてトヨタディーラーへ行って、プリウスα一発値引き交渉を仕掛ける訳ですが、プリウスαはトヨタ全店で購入できる車種です。

トヨタのディーラーは、トヨタ店、トヨペット店、ネッツ店、カローラ店と4チャンネルの構成になっています。この中で比較的値引きが大きくなる傾向のディーラーは、ネッツ店と言われています。

ネッツ店は同地域に別会社のディーラーが複数存在するので、ネッツ店同士の競合が活発になり、値引きが緩む傾向にあります。

次にトヨタ店>カローラ店>トヨペット店の順で値引き額が多くなる傾向です。

プリウスα一発値引き交渉を仕掛けるなら、ネッツ店を軸に攻めても良いでしょう。

もちろんネッツ店以外でも限界値引き額でプリウスαを買う事は可能なので、自宅から一番近いなど、利便性を優先してネッツ店以外のディーラーを選んでも構いません。

 

商談するディーラーを決めたら、実際にディーラーへ行って交渉を開始します。

と言っても難しくありません。まずプリウスαの希望グレードと希望オプションを伝えて、見積もりを作ってもらいましょう。プリウスαの実車があれば一通り見学しても良いでしょうね。

見積もりが出来上がったら、一例として以下のようにセールスさんに伝えてみましょう。

「レヴォーグの商談をしていて、今日にも決めようと思っています。これからスバルへ行くつもりでしたが、プリウスαも気になったので来てみました。特に車種にこだわりはないので、もしこちらの予算に合わせてくれるなら、スバルへは行かずにこの場でプリウスαを契約したいと思います。」

と他メーカーの競合車を引き合いに出して、こちらの購入条件をズバリと伝えます。

競合させる事で、トヨタのセールスさんの競争心を駆り立てて、値引きを引き出す作戦ですね。このライバル車を買う直前にプリウスαへ鞍替えする事で、1度の商談でプリウスαの限界値引き額を引き出す事が可能になります。

ライバル車を買おうとしているお客さんを見す見す逃したくない、との思いがセールスさんには出てくるでしょう。条件を出さなければライバル社に行ってしまうとなれば、上司の値引き決済も下りやすくなります。

今回の一例ではスバルのレヴォーグを競合車として出しましたが、他の競合車でも良いですし、トヨタ全店扱いを利用して、トヨタ同士の競合でも効果は高いでしょう。

例えばトヨタ店へ行って、「ネッツ店で契約するつもりだったが、希望額になればトヨタ店で契約したい」などとやると効果的です。

もしセールスさんが了承してくれなければ、他のトヨタディーラーへ行って、またプリウスα一発値引き交渉を試しても良いでしょう。

もしくは、目標金額の設定を少し緩めて、商談を続ける方法もあります。

 

プリウスαの購入条件を伝えてディーラーからの連絡を待つ方法

プリウスαの購入を急いでいない方、時間的に余裕のある方なら使える商談方法です。

まずディーラーへ行ったら、希望グレードとオプションを伝えて、プリウスαの見積書を作成してもらいましょう。

そして「こちらの予算は○○万円です。この金額になればいつでも契約するので、この金額で出来る時に連絡をいただけますか?」とセールスさんに伝えます。

基本的にいつでも使える商談方法ですが、決算期やボーナス時期など値引きが大きくなる時期を狙ってやると、成功しやすいでしょう。

逆に4月や5月の新車の販売台数が落ち込む時期も、ノルマが足りてないディーラーやセールスさんが多くなるので、成功しやすくなります。

トヨタ全店で販売しているので、それぞれのディーラーでこちらの購入条件を伝えておけば、連絡が来る確率が高くなりますね。

確実にディーラーから連絡が来るとは限りませんが、多くのトヨタディーラーでやっておけば、かなり成功しやすい方法でもあります。

ディーラーを出て、その日のうちに連絡が来ることも珍しくありませんよ(^^)

 

下取り車があるならプリウスαがさらに安く買える!

もし下取り車があるなら、さらにプリウスαを安く買う事が可能です。

場合によってはプリウスαの新車値引きよりも多くの金額を節約できてしまいます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

 

多くの人はディーラーの下取りで損している??

新車に買い替える人で下取り車がある場合、大体の人はディーラーで査定してもらうと思います。

ここで気を付けたいのは、「ディーラーは下取り金額を低く見積もっている」ことです。

ディーラーは下取り金額を低く見積もる事で、再販や業者オークション等で下取り車からでも利益を挙げる事が出来ます。

プリウスαの値引きを多くしても、下取り車の方で回収できてしまう訳ですね。

また、最初に低く見積もれば、後々下取り金額をアップさせて「値引きはいっぱいいっぱいなので、下取りの方で調整しました」と値引きの代わりにお得感を強調して、契約を取るセールステクニックに利用する事も出来ます。

ディーラー側はメリット大ですが、我々ユーザー側にはデメリットしかありません。

 

ディーラーの下取りで騙されないためには?

ディーラーの下取りで騙されないためには、適正な下取り車の相場を知らなくてはいけません。

以前、管理人がタントを買い替えた時に、ディーラーで査定してもらった金額は39万円でした。

ディーラーが下取り車を低く見積もる事は分かっていたので、適正な相場を知るために買取店にも査定してもらう事にしました。

買取店の査定サイトから申し込むと、自分の車の概算価格を教えてくれます。

 

カービュー査定

出てきた概算価格は、なんとディーラーよりも20万円も高い金額でした。

早速ディーラーへ行ってセールスさんに「買取店は59万円と言ってましたよ?」と下取り車の金額を伝えてみました。

セールスさんは「え~!高いですね~・・・ちょっと待ってください」と奥へ引っ込み戻ってくると、「うちはリサイクル料金を戻してるので、それを含めれば、ほぼ買取さんと同じ金額で出来ます。これで決めて下さい!」と、ディーラーの下取り金額が39万円から57万円+リサイクル料(1万円)まで跳ね上がりました!

その時の契約書です。

 

何も疑わずにディーラーの言い値で下取り車を出していたら、19万円も損する事になっていました。

この時した事は、査定サイトで表示されたタントの概算価格をディーラーに伝えただけです。

これで19万円高くタントが売れたので、やはりディーラーは下取り金額を低く見積もっているんだな、と思いましたね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分ほどの入力で申し込み後、すぐに自分の車の概算価格が表示されるので、ディーラーの下取りと比較したい方、早く自分の車の相場を知りたい方にはおススメのサイトです。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

PAGE TOP